お知らせ

助産師(医療関係者)向け勉強会に参加しました

2016.10.05

お知らせ

先月9月3日(土)に、赤ちゃん縁組事業のアドバイザーとして協力してくださっているアクロスジャパンが主催する、助産師(医療関係者)向け特別養子縁組勉強会に参加してきました。

 

専門職研修

 

予期せぬ妊娠や「生んでも育てることができない」と悩む女性にとって、特別養子縁組は子どもの幸せと自身の人生をリスタートするための選択肢の一つです。しかし助産師(医療関係者)など妊娠・出産に深く関わり支援する専門職であっても、特別養子縁組について正しい知識を得る機会がほとんどないのが実情です。

そこで今回の勉強会では、助産師(医療関係者)の方々が「生んでも育てることができない」と悩む女性の選択肢の一つである、特別養子縁組について正しく学べるよう企画されました。

勉強会の内容としては、
・特別養子縁組や社会的養護の現状
・妊娠相談の流れ
・実際に特別養子縁組に携わっている医師や助産師の知見
・特別養子縁組で子どもを迎えた夫婦の体験談
など大変充実したものでした。

赤ちゃんの養育が可能か不可能かに関わらず、妊娠した女性が安心して出産を迎えるためには助産師(医療関係者)との連携が必要不可欠です。今回の勉強会をきっかけにして、どうしても育てられない事情がある場合には、妊婦さんに一番近い存在の助産師(医療関係者)が選択肢のひとつとして特別養子縁組について伝え、支援につないでくれることを切に願います。

また更には、特別養子縁組を選択した女性の心情や背景を理解し、「生んでよかった」と思えるお産を迎えられるようサポートをしてくださる助産師(医療関係者)の方々が増えることも願っています。

 

私たちもこのような勉強会に参加することにより、医療機関・医療関係者と特別養子縁組支援団体が協働して支援が担えるよう信頼関係を築き、赤ちゃんの幸せはもちろんのこと、生みの親、育ての親、三者が幸せになることのできる特別養子縁組のために日々努力を重ねていきます。