お知らせ

赤ちゃんが新しい家庭に迎えられました!~初の赤ちゃん縁組~

2016.10.28

お知らせ

フローレンスでは今年4月から妊娠相談と特別養子縁組を支援する赤ちゃん縁組事業に取り組んできました。

そしてこの度、あるご夫婦が新しい家族を迎え、フローレンス初の赤ちゃん縁組となりました!

育ての親となるご夫婦に許可をいただき、ご夫婦と赤ちゃんの写真をご紹介します。

itaku1

ご夫婦と赤ちゃんとの初対面の様子です。
ご夫婦はもちろん、ここまで携わってきたスタッフ一同も涙を堪えきれない瞬間でした。
生みのお母さんが出産した後は、事業協力いただいているアクロスジャパンの提携医療機関である
「産前産後ケアセンター東峯サライ」さんに、様々な面でサポートいただきました。

 

新しい家族を迎えたご夫婦は2泊3日間、東峯サライに入院し新生児育児トレーニングを受けました。
itaku4_setsumei

 

育ての親として待機している期間中にも、助産師による育児研修を受けるのですが、
その研修で学んだことを思い出しながら、沐浴や授乳、おむつ替えなど、
赤ちゃんの基本的なケアを自分たちの手で行います。
このように子育てが初めてのご夫婦を手厚くサポートしています。

 

 

itaku2_mokuyoku

とても優しい眼差しで、赤ちゃんを見ている姿が印象的でした。

 

こちらは、2泊3日の研修を終えて退院の記念に。

itaku3_taiinn

わずか3日間でご夫婦ともに、ぐっとママの顔、パパの顔になっている気がしませんか?
いよいよ子育てがスタートします。
子育ては楽しいことだけではありません。新生児の間はつきっきりのお世話が必要ですし、しばらくは夜もゆっくり寝ることはできません。
病気になることもあるでしょうし、成長すれば反抗期もあるでしょう。

それでも、お二人はその覚悟をもって特別養子縁組で子どもを迎えるという選択をし歩み出しました。
フローレンスは心からの応援とサポートを継続していきます。

この後、法的に親子となるために、家庭裁判所に特別養子縁組の申し立てをします。
そして試験養育期間(最短で6か月)には裁判所など行政機関からの調査があり、審判が確定すると初めて法的な親子になります。

 

事業の開始から一組の家族が誕生するまでに、多くの方のお力をお借りしました。
皆さんの応援と力添えがあってこそ、フローレンスが赤ちゃん縁組を広めてゆくことができるものと、改めて感謝申し上げます。
私たちはこれからも、赤ちゃん、生みの親、育ての親と、関わる人のすべてが幸せになれる赤ちゃん縁組を目指して活動していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

——————————————————————

*お知らせ
「育ての親」登録を希望される方へ
一時休止しておりました審査申込を再開しております。
赤ちゃん縁組までの流れ】【「育ての親」になりたい方へ】などの内容をよく読み、
ご夫婦で話し合った上でお申し込みください。