お知らせ

SmartNews ATLAS2の支援先にフローレンスが選ばれました!

2016.11.16

お知らせ

この度、フローレンス赤ちゃん縁組(特別養子縁組)事業は、スマートフォンでニュースアプリを展開するスマートニュース株式会社(以下、スマートニュース)の社会貢献プログラム「SmartNews ATLAS Program 2(以下ATLAS2)」の支援先に選定いただきました!

http://about.smartnews.com/ja/2016/11/10/a2/

ATLAS2は、「子どもが平等に夢見れる社会を残そう」というコンセプトのもと、子ども領域で事業展開する非営利団体に対し、SmartNewsアプリ上の広告枠1000万円分が無償提供されるというもの。一か月の募集期間の間には全国約40もの非営利団体から応募があったそうです。

スマニュー写真

選定理由については、下記のようなコメントをいただきました。
————————————————–
◎この事業が望まない妊娠、子どもの虐待、社会的養護、不妊、新しい家族のあり方など、子どもをめぐる様々なテーマの結び目にあるような事業であること。
◎日本には「特別養子縁組」という制度があり、子どもの福祉のための縁組が毎年数百件ほど成立していますが、他国に比べてその数も社会的認知もまだまだ少ないのが現状であること。

これらを前提とした上で、子どもを中心に私たちの社会や家族のあり方を再考する、血縁関係だけにとらわれずに「社会全体で子どもを育てていく」ことを具体的に考える、今回の支援をきっかけとして人々のうちにそのような問いや思考が広がることを期待して選定しました。

————————————————–

私たちは今回いただいた機会を活かし、生まれてすぐに遺棄されるなど2週間に1人もの赤ちゃんが虐待死してしまっている現状とそれが起きてしまっている社会背景、赤ちゃん縁組事業(特別養子縁組の支援)が果たす役割を発信していきます。
それらの発信が社会全体で子どもの育ちを支えていくことを具体的に考えていくきっかけとなり、子どもを取り巻く状況、特に親が育てられない事情を抱えている子どもを取り巻く社会状況を、一歩でも二歩でも前進させることができればと願っています。

日ごろからフローレンスを応援してくださっているみなさんも一緒に「子どもが平等に夢見れる社会」を作っていきましょう!

スマートニュースでの取り組みが開始したら、またこちらでもお知らせします。

————————————–
*フローレンスでは、赤ちゃん縁組で子どもを迎える「育ての親」の登録審査申込を受け付けています。
赤ちゃんが生まれた背景や生みのお母さんが抱える事情をすべて受け入れてくださることが前提となります。希望される方は当サイトの「育ての親になりたい方へ」「赤ちゃん縁組の流れ」などのページをお読みいただき、コンタクトください。

■フローレンスの赤ちゃん縁組
http://engumi.florence.or.jp/
■予期しない・望まない妊娠相談|フローレンスのにんしんホットライン
http://hotline.florence.or.jp/