育ての親の条件と費用

フローレンスでは、赤ちゃんの幸せを第一に考え、子どもたちを愛し、大切に育んで下さるご夫妻を育ての親候補者として求めています。 また、審査や研修を通じて育ての親が赤ちゃんを迎える準備を精一杯サポートします。

育ての親登録に必要な条件

フローレンスでは、育ての親登録にあたり、以下の条件を満たすことをお約束いただいております。

民法において規定されている条件

  • 配偶者がいること
  • 25歳に達していること (ただし、夫婦の一方が25歳以上であれば、もう一方は20歳以上であればよい)

フローレンスが求めている条件

  • 子どもの成長の過程に応じて必要な気力・体力・経済力があること (子どもが自立するまで十分に養育ができ、自立した後もしばらく見守っていくことができること)
  • フローレンスでは現在新生児(0歳)の委託を行っているため、年齢は45歳以下を目安としています
  • 婚姻期間3年以上を目安とし、同居していること
  • 子どもを迎えた後、一定期間育児に専念できる環境が整うこと
  • 子どもへの真実告知の必要性を理解し、実行すること
  • 夫婦共に積極的に家事・育児に参加すること
  • 夫婦以外の家族の理解も得られていること
  • 子どもの前で喫煙をしないこと

参考データ:フローレンスで養親登録に至った夫妻の審査申込時年齢 (夫婦2名の年齢データ(2つ分のデータ)を集計したものとなり、男女を問わず全員分の年齢のデータになります)

※養親希望者の審査にあたっては、特別養子縁組が子どもの福祉のための制度であることから、子どもが自立するまで十分に養育ができ、自立した後もできるだけ見守っていけるかどうか ということを重視し、さまざまな観点から総合的に判断しております。 ※参考までに46歳-50歳までの委託割合分布をこちらに掲載しております。

育ての親に必要な費用

厚生労働省の通知にしたがって、実費、またはそれ以下の費用を負担いただいております。 ※全ての費用は2019年9月時点の金額です。費用が変更となる場合がございます。

特別養子縁組をきめるまで

  • 特別養子縁組オンライン基礎研修:4,500円
  • 特別養子縁組ステップアップ研修:30,000円
特別養子縁組で親となることは人生にとって大きな選択となるため、ご夫婦でよく話し合うことが大切です。一方で、特別養子縁組の支援団体は首都圏に集中しており、お住まいの地域によっては、説明会に参加することもハードルが高いかもしれません。 そこで、全国どこからでも気軽に受講できるオンライン基礎研修を用意しました。 まずはオンライン基礎研修を通して、ご夫婦でよく話し合ってみてください。 そこから次のステップを希望されるご夫婦は、ステップアップ研修にご参加ください。 【12月1日~23年1月31日に購入すると 視聴期間が倍に!】 12月と1月は 視聴期間を通常の60日間の2倍 120日間に延長となるキャンページ実施中です。 詳しくは下記 WEBサイトからご確認ください!

特別養子縁組 オンライン基礎研修サイト 特別養子縁組について知りたい方や、育ての親になりたい方のための基礎研修

養親登録審査から待機登録まで

  • 書類審査・電話ヒアリング・夫婦面談:無料
  • 家庭調査:50,000円+交通費
  • 新生児の養育実習:20,000円
  • 保育園での実習(乳幼児):20,000円
  • 待機登録費:40,000円

赤ちゃんを迎えてから特別養子縁組成立まで

  • 児童の紹介があった場合の費用:170万円
  • 委託時の入院研修費用:医院に直接支払い
  • その他、ケースによる実費

フローレンスの赤ちゃん縁組は、半年~1年ほどの期間をかけて審査と登録を進めていきます。 「時間をかけすぎでは?」「もっと早く進みたい」と思われる方もいるかもしれません。しかし、それぞれのご夫婦の考えや人となり、そして強みを知る工程は時間を要します。

お子さんを迎えた夫婦への
インタビュー

よくあるご質問

 
LINEで
エナガさんに
相談する