赤ちゃん縁組までの流れ

フローレンスの赤ちゃん縁組では、委託される子ども、生みの親の、育ての親、当事者全員が幸せになれる縁組をめざし、医療機関などとも連携し、課題を抱える生みの親へのサポート、育ての親への養育フォローなどを行います。

赤ちゃん縁組の流れ

予期せぬ妊娠・望まない妊娠に悩む妊婦さんの相談に対応

私たちは予期せぬ妊娠に悩む女性の相談に乗り、各々の状況に応じて必要な社会的資源につなぎます。最終的にその女性と赤ちゃんにとって最善の選択肢が特別養子縁組だと至った場合に、置かれた状況を考慮した上で、その赤ちゃんにとって最も良いと思われる育ての親(夫婦)を選定し、赤ちゃんを委託します。

「育ての親」になるには

赤ちゃんを迎えたいと希望するご夫婦からの(審査)申し込みを受け付けています。登録までに、書類審査・個別面談・家庭調査などの審査があります。審査後半に進むと、子どもを迎える準備の一環でフローレンスの運営する保育施設での研修や、助産師による育児研修を受けることになっています。

*登録となった場合にも委託の有無や時期をお約束することはできません。「育ての親」を希望されるご夫婦はまずは「育ての親になりたい方へ」をよくお読みください。

「育ての親」として、赤ちゃんを迎えるまでの流れ/費用

赤ちゃん縁組にあたって必要な費用 *育ての親が負担

  • 厚生労働省の通知にしたがって、【実費、またはそれ以下】の費用を負担いただいております。
    費用はケースにより異なります。
  • 登録まで : 15万円+交通費
  •  説明会参加費 : 1万円
  •  夫婦面談費 : 3万円
  •  ホームヒアリング : 5万円+交通費(実費)
  •  育ての親登録(研修含む) : 6万円
  •  ※上記以外に東峯サライでの育児研修があります
  • 登録後、委託~審判確定まで : 170万円+ケースによる実費